Choi式自毛植毛

Kategoriler: ,

choi式とは自毛植毛の手術法の一つであり、採取したグラフトを専用の植毛針を用いて穴あけと植え込みを同時に行う手術法のことを指します。別の呼び方として、単一植毛やニードル法とも呼ばれたりします。

choi式による植毛では採取したグラフトを1本1本専用の植毛針を用いて移植していくため、非常に手間のかかる手術法ではあります。しかし、グラフトを植毛針にセットし押し出すように植毛していくためFUE式植毛より35%より密度の高い植毛ができ。傷跡が残りにくく、毛髪の角度などが調整しやすいというメリットもあります。他の手術法と同様に特別なメンテナンスも必要なく、普段通り生活することができます。

choi式のメリットとしては、移植の際にスリットと呼ばれる小さな切り込みを作る必要がないため施術が簡素化できるという点があげられます。穴を開ける作業と植え込む作業を同時に行うことができるため、出血も少なく傷跡も目立ちにくのが特徴で。他の植毛方法の定着率は97%に対してChoi式は定着率が99%以上と高く、 拒絶反応や異物反応を起こす心配もありません。一方、デメリットとしては植毛する密度に限界がある点があげられます。結果的に植毛後も満足のいく髪のボリュームが得られないこともあります。